読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

産み分け挑戦日記

女の子産み分けチャレンジ中です!@関東

Nレディスクリニック初診。

すいません、前記事の病院名が…

正しくはNレディスクリニックでした。

うろ覚えでごめんなさーい!


このクリニックは予約制ではないので、行った順に受付し、待つ。

午後の初診一番乗りで行ったのですが、午前の診察が押し過ぎて、本来の初診の時間から2時間遅れでの診察でした。


午前と午後の診察の間は

2時間空けるというルールらしく

(お休み時間ですね)

午前が終わるのが1時間押せば

午後の開始が1時間、

2時間なら2時間後ろ倒しになる

というシステムのようです。多分。


カウンセリングでは30分以上

時間をかけて丁寧に産み分けについて話をしてくださいました。

5年以上続けた4兄弟の母の話(5人目に女の子生まれたらしい!)や

500万かけて海外で出生前診断した猛者の話。


パーコールは精子を遠心分離器にかけて9層に分けて

下に沈んだ精子のみを人工授精に使うのだそうです。

女の子の精子って重いんですって。

この病院ではさらに細かく分けた

12層のパーコールもやっています。


パーコールは人工授精なので

当日の朝、精子を3時間以内に持ち込むらしいです。持ち歩くのかい……

そしてエコー検査で卵巣を調べて、排卵前(3-2日前)になったらパーコールするらしい。


だから排卵前から数回通院して

パーコールする日を見極める必要があるってことね。


成功率は85%だそうですけど

妊娠した人の中には性別を

結局聞かずに卒業する人が

ままいるそうで、

この数字の信頼性はいかほど?

って感じはしました。

何組が挑戦して、何組が…というような具体的な説明はなかったです。


信じるか信じないかは

あなた次第…ってことか。


カウンセリングで強く言われたのは、100%では無いってことと、妊娠自体することが難しいよってことでした。

色んなプレッシャーがかかることでなかなか妊娠しなくて、途中で諦める人が多いみたいです。

簡単じゃないですよと。


まぁ何度も通わなきゃいけないし

別に病気ってわけじゃないんだから

面倒になる気持ちはわかりますね。


あとは治療前に必須の検査がいくつかあり(子宮頚がんやクラミジアなど)同意であれば、今日できる検査からやります、と言われて終了でした。

内診による検査とエコーで子宮と卵巣を見て、血液検査をしました。


ちなみにカウンセリング代は5千円。

この検査ぜーんぶやると3.5万程度。

今日は2.5万円でした。


生理中じゃないとできない検査もあるので、日が選べるのであれば、生理中に行くと通院回数が減るかも知れません。

あとは検査結果前でも、排卵間近であれば早速パーコールやってくれるような感じでした。


実際、新幹線や飛行機の距離から通院される方もいて、その人たちは来て、排卵状態がどうであれ、その日にして帰るんだそうです。


その人たちの情熱よ…

3時間…間に合うのか?


通院が必要ということで

息子を連れて行けるのか不安でしたが

診察時もエコー時も子どもを抱いて上がっていいらしく

何人か子連れの方も見ました。

良かった…!

これで平日も通えるぞーい!


そうそう

妊娠しやすくするため、という

当帰芍薬散を処方されました。

こちらは保険適用。1日3回。


あとは自己流ですが

アシドフィルス菌クランベリーのサプリも飲み始めます。

旦那はトランクスからボクサーブリーフにパンツを変えました笑。


次は生理中かつ結果が出た頃に

また出向きます。


長旅だった今日。

一番がんばったのは息子。

疲れてすぐに寝ちゃいました…。